2017年5月31日水曜日

「モート」って何?~知っておきたい!最新 米国Start-Upバズワード

発明塾Facebookでも共有しましたが、

「Moat」

という言葉が、アメリカのTech系企業やStart-Upの人たちの間で

「バズってる」

みたいですね。

たとえば、こんな記事がありました。

翻訳がぎこちない(機械翻訳でしょうか)のと、付与されているコメントも、ややピントが外れたものが多いため、投資部に参加していないOB・OG、および、企業内発明塾の方々へ、補足情報を紹介させていただきます。



● 「エコノミック・モート(Economic Moat:経済的な”堀”)」とは?

こんなことを書くと、投資業界の方に「なにをいまさら」と笑われそうですが、上記の記事に出ている

「モート(Moat)」

は、おそらく、

「エコノミック・モート(Economic Moat)」(投資業界の書籍などでは、経済的な堀、と訳されています)

のことを指している(略している)と思われます。


これは、投資情報などを扱っている

「モーニングスター社」

が開発した概念で、同社の格付け(レーティング)の基礎になっています。


開発者の一人は、モーニングスターのリサーチ部門の責任者を長く務めた

「パット・ドーシー」

で、業界ではかなり有名な方のようです。

最近は、自身の会社を持ち、「モート」の概念を発展させているように見受けられます。

Value Investor Conference でのプレゼン資料(2017)


モーニングスター社の資料によれば、彼らは

・ 無形資産
・ スイッチングコスト
・ ネットワーク効果
・ コストアドバンテージ
・ 効率的な規模

の5つの視点で、モートを評価しています。


発明塾投資部でも、早い段階から、この「エコノミック・モート(Economic Moat)」の概念を取り入れ、かつ、特に我々が詳しい

「特許」

の視点から、

「モートがある」

とされる企業について、様々な検証を行ってきました。


僕なりには結論が出たので、もう満足しました。
(最近も、金融機関の方とお話をして、特許とモートについて、いろいろなお話を紹介させていただきました)


(画像をクリックすると Amazon.co.jp のサイトへ移動します)
Amazonのプログラムを利用して画像を引用することにしました。
投資部「座右の書」の一つです。
バフェットは、グレアムに学んでいます。




● 「モートがあるビジネス」を構想する~京都大学機械系での講義/ビジネス構想力セミナー

発明塾投資部において、一定の結論と

「結果」

が出たため、昨年の


で、モートの話を取り入れ、講義を行いました。


今の若い方は本当に柔軟で、

「投資」

の話に、大変興味を持っておられたのが印象的です。
(素晴らしいですね)


また、本年3月、4月に


を開催し、

「エコノミック・モート(Economic Moat)」

の基本的な考え方、特に基本となるいくつかのモート、および

「広い堀(Wide Moat)がある事業/それを持っている企業」

について、その財務諸表やビジネスモデルも含め、具体的事例をいくつか紹介しました。

セミナーは、日々の投資を通じ得られた知見を加え、事例をブラッシュアップして、また開催する予定です。


投資部で目利きして

「広い堀」

を持つと分かった企業に、実際にヒアリングにも行っています。
こちらの講座でも繰り返し述べていますが、ヒアリングが一番重要で、ヒアリングを効果的にするために事前に徹底的に調べる、と言っても過言ではありません)

やはり

「百聞は一見に如かず」
「手を汚すことで、得られることがある」

に尽きると、つくづく感じます。


僕は、基本的に、理論家ではなく実践派なので、今後も、投資部の活動を通じて

「実戦的な知」

を生み出し、必要な方に提供していきたいと考えています。

また、最近では、金融系の方との情報交換も積極的に行っています。


近い将来、いわゆる

「数理ファイナンス」

的な側面も補強していく必要があると考えています。
(それなりの知識は持っているつもりですが、実践には至っていません。アルゴリズムを用いた取引システムを開発するほどの力量が、まだないからです。しかし、それも時間の問題でしょう。)


そう遠くない将来、発明塾の運営を

「基金の運用」

でまかなう予定です。それに向けて、投資手法の開発と、ファンドマネージャの育成を進めるのが、当面の投資部のミッションになります。


ここにいたるまでの、皆様のご理解とご協力に感謝します。

今後も引き続き、ご理解とご支援をお願いします。


楠浦 拝



--------
✔ (無料)7日間メール講座【1日15分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
   お申し込みは、こちら
=======
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
  (楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)
✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。