「発明塾™」へようこそ!: 特許情報から投資アイデアを得よう ~ストックピッキングに役立つ特許情報分析

2018年4月3日火曜日

特許情報から投資アイデアを得よう ~ストックピッキングに役立つ特許情報分析


特許情報は、企業の研究開発活動、事業活動についての、貴重な一次情報である。

読み方にもいろいろある。


リンクスリサーチの 山本潤 氏 が以下の記事でトヨタと電池の例についてまとめておられるように

・技術分類

に注目するのも一つの方法である。

例えば

・企業単位で、技術分類で整理

すると、その企業が、どの技術に注力しているか見えてくる。

(特許情報の活用方法の具体例 Toyotaの二次電池の事例(1)、そして、日本精鉱のレポート(2)より by yamamoto


それをさらに

・時系列

で整理すると、力の入れ具合の変化が見える。選択と集中、新規事業など、技術や製品についての戦略がなんとなく見えてくる。多くの企業は、研究開発の成果について特許を出すからである。
(一部の企業は、これから研究することについて、熱心に特許を出す。これはこれで読むと面白いが、また別の機会に取り上げたい)


また、ある製品の技術に注目して、

・時系列

で読むのも、その企業の技術や製品について理解を深める上で、有効な読み方である。

さらに一歩進めて

・発明者

に注目すると、その技術者の研究内容、職歴や生きざま(?)まで見えてくる。


そういえば、ある企業が、特許情報を分析して別のメーカーの優秀な技術者を、「Grごと」引き抜いた、などと噂されたことがあった。これは特許情報の「人材情報」としての活用の極端な例、といえるだろう。

新しい技術を次々と生み出す、よい発明者がいるかどうかは、技術系企業の成長力を評価するうえで、重要かもしれない。
(そういう技術者が、特許出願から「消えた」場合、要注意かもしれないし、その技術者が「競合他社」に現れた場合も、要注意だろう)

かつて、特許公報には発明者である技術者が所属する研究拠点の住所が記載されていることが多かった。一部の企業はそれを逆手にとって、どの研究がどこの拠点で行われていて、何名体制か、増えているか減っているか、いい技術者がいるか、などを、特許情報をもとに洗い出していた。
(今は、本社住所しか記載されていない場合が多いので、もう、この手は使えなくなった)


情報分析というと、大量の情報を処理しなければならないようなイメージを持つかもしれない。しかし、投資に有用な情報を得るために、特許を

「たくさん読まないといけない」

かというと、必ずしもそうとは限らない。

「たった一件の特許」

が、投資アイデア、ストックピッキングのヒントになることもある。
もちろん、それはヒントであって、それで決まりというわけではないが、

「この企業に注目してみよう」
「こういう技術に注目してみよう」
「今後、こういうトレンドになるのではないか」

という、あなたにしかない気づき、独自の気づきが得られる可能性はある。

以下、「発明塾」で実際に討議した例を1つ挙げる。


●朝日インテックと日本ライフライン
<カテーテルで幅広く特許網を形成し独占に向かっている朝日インテックと、一点突破で急成長を目指す日本ライフラインの戦略>

急成長している企業が、今後も急成長を維持できるのか、あるいは、誰か競合が割って入ってくるのではないか、そういうことが気になる場合が多々ある。

実際、私も

「特許情報を使って、競合や先行他社、後続の模倣者の情報を効率よく得る方法を教えてください」

という質問を、個人投資家の方から受けたことがある。

分類を使う手法でも、競合はわかる。それで十分かもしれない。しかし、今回はせっかくの機会なので、私がよく使う、「分類以外の」特許情報分析の視点の一つを、ご紹介したい。
それは

「引用・被引用」

関係である。特許は、出願された内容について権利を与えてよいかどうか、審査官が審査を行うが、その際に

「似たような特許がすでに出ていないか」

かどうか、調査を行う。
(これを先行技術調査と呼ぶ。)


先行技術調査の結果、

「いくつか、似たような特許が出ているぞ」

となると、それら文献を

「引用」

して、審査官は判断を下す。


つまり、引用文献とは

「先に出された類似特許」

を指す。



J-PlatPatでは、例えば、以下のように表示される。
(検索結果からいずれかの特許を選び、「経過情報」をクリックすると出る)

J-PlatPatより(赤枠は楠浦にて付与)

これをたどると

「似たような技術を開発している企業(と発明者)」

が分かる。つまり、競合であり、先行者が見えてくる。


ここで面白いことがある。
以下、急成長企業の一つ、朝日インテックを例にとり、説明する。


例えば、朝日インテックのいくつかの特許をたどると、同じ朝日インテックの、より古い特許に行き当たる。技術が独自のものである場合、自社の先行技術は自社の特許だけ、ということもある。
このように引用関係を見ていくと、朝日インテックは、独自の技術で現在の地位を築いているようだ、ということがなんとなく見えてくる。

特に、たびたび引用文献として挙がる特許は、朝日インテックにとって、

「転換点になった特許(発明)」

であると考えられる。そのような特許の一つに以下がある。

(医療用ガイドワイヤ:かんたん特許検索 より/公開特許公報

実際、この特許を引用している特許はほとんど朝日インテックであり、他社の追随を許さない独自の技術であった(当時)ことが、うかがえる。独自技術に裏付けられたガイドワイヤ/カテーテルは世界的にシェアを伸ばし続けており、株価も2014年から2016年にかけて10倍になっている。


では、朝日インテックの技術は、現在も他社の追随を許さないものであろうか。あるいは、その技術は、特許で守られているといえるのだろうか。

独占市場は、おいしい市場である。誰かが必ず参入したがる。朝日インテックの牙城を突き崩そうとしている企業があるだろうと特許訴訟関係をいろいろ調べてみると、朝日インテックに特許訴訟を仕掛けた企業の存在が浮かび上がった。
それが日本ライフラインである。日本ライフラインも、カテーテルの分野で急成長してきた企業であり、株価は、2016年から2018年にかけて約10倍になっている。特許訴訟の内容は、以下から知ることができる。

(日本ライフラインが朝日インテックを特許権侵害で訴えた訴訟の判決文:H27.6.16


日本ライフライン側の弁護士の一人は、あの「下町ロケット」のモデルになったことで知られる著名な弁護士である。こういうところからも、力の入り具合が見える。
(ちなみに、後述する特許の代理人は「愛智宏」氏であり、日本ライフラインの特許出願を多数担当している、これもJ-PlatPatで検索すればわかる)

朝日インテックの「特許網」を突破して新たな製品を開発し、さらに、朝日インテックをけん制しようと動き出したのではないか、などと発明塾で討議した。


ちなみに、訴訟情報は以下から検索可能である。


(裁判例情報)



この訴訟で使われた特許も、やはり何か転換点になった特許である可能性があるので、読んでみたい。

(医療用ガイドワイヤ:かんたん特許検索 より/公開特許公報)

細い血管にガイドワイヤーを通すために、先端を少し曲げて「クセ」をつけることを、シェイピングというのだが、その長さを短くできると、より細い血管にアクセスできる、ということのようだ。

「医師の手技(わざ)を生かす」

ガイドワイヤーづくりが重要、ということなのだろう。

この特許を引用している特許には、朝日インテックの特許も含まれている。つまり、この特許の内容に関しては、朝日インテックは後塵を拝しているのかもしれない。


ちなみに、この特許(発明)の発明者である

「河崎」

氏のほかの特許を読むと、

「チタン合金」

についての発明がある。つまり彼らは、材料レベルから研究開発を行い、新たなアイデアをもとに朝日インテックの特許網を乗り越え、急成長を遂げたと考えられるのではないだろうか。
(さらに特許を読み込んでいく必要があるが、こんな風にだんだん面白くなってくると、ほかの特許を読むのも、苦ではなくなる)


このように、ポイントになる特許を

「引用・被引用」
「訴訟」

から拾い出して、独自技術を持っていそうか、とか、どういう戦略なのか、など仮説を立て、その仮説を検証すべくさらに調査していくのも、一つのやり方だと考えている。



楠浦 拝


【追伸1】
特許情報活用に関心をお持ちの投資家の方向けに、以下セミナーを、4月21日(土)に開催しました。

[山本潤 コーディネート] 特許情報を読み解き、投資に活かす 知財情報活用セミナー


【追伸2】
上記セミナーの動画を、以下にて販売しております。


サンプル動画は、以下にてご覧いただけます。

知財情報活用セミナー ダイジェスト版

Twitter(@kusukusu105)でも、情報発信しています。
個人投資家の方にフォローいただくことが増えてきました。



--------
 (無料)メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
   お申し込みは、こちら
 (無料)7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
   お申し込みは、こちら
 (無料)8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
   お申し込みは、こちら

=======
 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
   (楠浦からのレターが、無料で週に13回届く、とお考え下さい)

 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。