「発明塾®」へようこそ!: 4月 2019

2019年4月26日金曜日

医療問題/SDGsに取り組む ~ 発明塾第481回/発明塾第482回

今週は、臨時開催含め、2回開催しました。
といっても、楠浦はいずれも出席できませんでしたが、、、。

ログを見る限り、結構盛り上がったようですね。
良かったです。


発明塾は、自主と互助を前提にしています。

互いに個性を活かし合う活動を、引き続きお願いします。



●低侵襲手術と手術支援ロボット

川崎さんの研究テーマ探索を兼ね、関連しそうな仕事や研究を経験しているOBを交えた情報交換会として企画しました。

討議で取りあげていたエッジ企業(*)の一つに

「Auris Health」https://www.aurishealth.com/

がありました。
(* エッジ企業 は弊社の登録商標です)


以前、メルマガ(e発明塾通信)でも取りあげました。

e発明塾通信(旧:発明塾講義)


カテーテル術により、患者の負担を劇的に減らすことができます。

しかし

「医師の被爆」

という問題が残っていました。


ここに

「ロボット」

を持ち込んだのが、Aurisです。

J&Jに買収されましたが、今後の動向が非常に気になります。


 
「京大的アホがなぜ必要か」(酒井)
・・・アホが必要なんですよね、いろいろ考えると。
発想法の本として、示唆に富んだ本と思います。
僕が実践しているエッジ情報探索法と、同じことをおっしゃってます。
エッジ情報は、ひょっとしたら、京大的な手法なのかもしれません。
「学問の創造」(福井)
今、自分が手がけている分野と、全く「逆」の分野を勉強しろ、
とあります。「逆」って、なんでしょね。




●「SDGs」課題に取り組む ~ 特に「貧困」

今月から参加してくれている、愛知県の高校生塾生さんの持ち込みです。

「Youth Citizen Entrepreneurship Competition」

に応募するとのことです。

既にエッジ情報はある程度見つかっています。

エッジ情報をヒントに

「課題」

を絞り込んでいきながら、アイデアを出していきましょう。


GWも、通常どおり開催します。

皆さんよろしく。



楠浦 拝




=======
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
(楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)

✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。


2019年4月18日木曜日

知財はどの程度企業価値を向上させるか?/発明提案書の書き方(続き)~発明塾第479回/発明塾第480回

今週は2回の開催となりました。


●知財と企業価値 ~ 知財は、どの程度企業価値向上に寄与するか

1回目は、OBの橋本さんの持ち込みで

「知財が、どの程度企業価値を向上させるか」

について、米IoT系スタートアップのデータを元に、調査を議論を行いました。

これはもともと、橋本さんが関心を持って独自に調べておられたことですが、僕も非常に関心がある内容であるため、

「発明塾で議論しましょう」

となったものです。

ここで企業価値は、時価総額としています。

スタートアップ系企業を対象とし、M&A価格、あるいは、IPO時の株価から算出することにしています。

前職のナノテクスタートアップ時代、僕は、毎週アイデア創出会議をおこない、少なくとも毎月一件、武器になる特許を出願することにしていました。投資家から、

「特許大丈夫ですよね」

と度々確認されていたこともありますし、そもそも、海外の競合企業がかなり手強い特許を次々に出してきていたので、

「交渉力」(相対的知財力の確保)

確保のためにも、積極的に出願しよう、という方針にしていました。

知財戦略に明るくない人のために簡単に説明すると、競合の特許を完全に回避することは不可能であるため、こちらとしても、相手が侵害する可能性がある特許を持とう、ということです。


ちなみに、

「交渉力」(相対的知財力の確保)

の話は、以下講座で詳細に取り上げているので、わからない人は各自で受講し疑問点を解消しておいてください。

(知財戦略(1))

この講座を受ければ、キヤノンやクアルコムの知財戦略について、きちんと理解できるようになります。
(キヤノンの特許、および、知財戦略について、事例として取り上げています)


適切な特許の取得が、企業価値を向上させることは間違いないと考えています。それがどの程度か、について、今後も分析を行っていきます。

知財戦略の巧拙についても、新たな事例が得られるかもしれません。


「特許価値戦略」(呉 秉錫)わけあって、今、読んでます。
今回の橋本さんテーマは、一つ一つの特許の価値は評価しません。
ですが、背後には、一つ一つの特許がどのようなものか
という視点があることも、忘れないでください。




●発明提案書の書き方(続き)

今回も

「課題の書き方」

を中心に、説明と討議を行いました。

該当する内容を扱った講座は、以下になります。

(発明提案書のための発明の把握法~日々の研究成果/実験結果を「良い権利」に!)


発明提案書を書く際、考えるべきことは

「課題ー解決手段ー効果」

のつながり、言い換えると

「論理づけ」

です。

この論理づけを適切に行えれば、

「特許を取得できる可能性は、飛躍的に高まる」

と、僕は、日米への数百件の出願と、その中間処理を通じ、感じています。


先行技術との比較から、解決手段を決め、それが解決している課題を定める。

その論理付けに

「効果」

が出てくる。このような、

「特許になる発明提案の流れ」

を知らずして、

「発明を、良い特許にすること」

は不可能です。


今回は、そこまで求められていませんが、自身のアイデアの競争優位がどこにあるかを確認する意味でも、この作業は重要です。

発明提案書を書きながら、発明の本質を見極め、発明を仕上げていく。

そんなイメージで、お願いします。


楠浦 拝




=======
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
(楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)

✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。

2019年4月5日金曜日

「特許になる発明」は「どの部分」か?~発明提案書を書き上げるまでが、発明(発明塾第478回)

今回は、既に発明としてはある程度完成しているものについて

「発明提案書の書き方」

を念頭に、

「発明を捉え直す」

ことを行いました。


実は、この工程で

「発明が大きく進化する」

ことが、よくあります。

ですので、発明塾では

「発明提案書を書き上げるまでが、発明」

だと、いうことにしています。


正確に言うと

「特許になる発明」

が完成するのは

「発明提案書を書きあげた時点」

だと、いうことになるでしょう。


これは、ずいぶん前に既に教材化しており

「発明提案書のための発明の把握法」

で、

「いつでも」
「誰でも」
「何度でも」

学んでいただけます。

珍しく、発明塾の教材の紹介です。
これまであまり紹介をしてこなかったのですが
「発明塾の指導内容を学ぶには、発明塾に入らないといけないんですか」
という問い合わせが増えてきたため、今後は
ある程度ご紹介するようにします。
発明塾に入って頂く必要はありません。
指導内容のうち、基礎的なものは、すべてe-learning講座
受講いただくことができます。
その方が、時間的にも、費用的にも(これ同じこと言ってますね)
ずっと安く済みます。


今回指導した内容は、上記講座の基礎の基礎

「先行技術との、差分はなにか(構成要素の違い)」


「それにより、新たに解決されている(はずの)課題はなにか」

です。

これを、

「厳密に」

把握し、それにもとづいて、新たに発明を表現し直すことが

「特許になる発明」

を作り上げる、重要なポイントの一つです。


これを知らずに、発明を

「弁理士の方」

へ持ち込んでも、

「的はずれな権利が出来上がる」


「話が噛み合うまでに、結構な時間を要する」

か、いずれか、あるいは、そのいずれも(時間がかかったが、大した権利が取れない)になる可能性が高くなります。


起業する人は、費用はもちろん

「すばやく、強い権利を、確実に取る」

という観点からも、絶対にマスターして欲しい方法です。

発明塾でも、起業する人が増えてきたため、改めて書いておきます。


また、これを知っていれば、結果として

「重要な特許を読み解く」

ことが、非常に簡単になります。


特許は、技術情報でもありますが、論文とは全く異なるものです。

なぜなら

「権利情報でもある」

からです。

「いい権利が取れるよう、表現を大幅に変えている」

可能性が高いからです。

重要な特許は、特にそうです。

したがって

「特許の書き方を知らないのは、読み方を知らないこと」

になります。


僕はよく、読み方わからない、という人に

「書き方」(特許になる発明の表現法)

を教えます。

要するに、上記講座のエッセンスです。


ですので、上記講座は

「読み方」

の基礎でもあります。

「特許の読み方、よくわかんねーわ」

という人は、受講をおすすめします。


今日は宣伝みたいになってしまった。

でも、発明塾レベルの内容をマスターしたい方には、非常に重要な情報なので、ご容赦ください。発明塾には来れないけど、発明塾レベルの活動をしたい人は、ぜひご活用ください。

スタートアップ系の方、は、その対象だと思いますが、企業で新規事業に携わってる方や、発明家になりたいという方にも、おすすめです。



楠浦 拝





=======
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
(楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)


✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。

✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。