2017年5月18日木曜日

より多くの皆様に、「発明塾」へご参加いただけるように~エッジ情報探索ワークショップ(5月17日)開催御礼

5月17日開催の「エッジ情報探索」ワークショップへご参加いただきました皆様、改めまして御礼申しあげます。
また、開催に向け告知・ご案内などでご協力を賜りました皆様、篤く御礼申しあげます。



今回は、初の試みとして、皆様に


✔ お仕事で求められている、エッジ情報を
✔ 発明塾式の手法を用い
✔ その場で探索していただく


ことができる場として、ワークショップを開催しました。


✔ 発明塾で既に探索済みの情報
✔ 発明塾での蓄積から導き出されている仮説
✔ 発明塾で普段用いているフレームワーク


を、適宜提供しながら、


✔ 皆様のお仕事に役に立つ情報


が見つかるよう、進めていきました。



 
(画像をクリックすると Amazon.co.jp のサイトへ移動します)
Amazonのプログラムを利用して画像を引用することにしました。
「特許情報分析」を行う上で、欠かせない
フレームワークが示されている、
非常に稀有な本、2冊挙げておきます。
セミナーご参加時に、ご質問なども、受け付けます。





また、いくつか有意義なご質問をいただきました。
「発明塾講義」でも、適宜取り上げ回答しています、配信希望の方は、こちらをご覧下さい)


✔ 特許情報(出願時点の情報)は、通常、公開(公開公報により公開されることを指す)まで1年半かかるため、情報として古いのではないか
✔ 意味のある脱線、正しい脱線のロジックについて知りたい


など、発明塾定番のトピックでした。



発明塾に関連するセミナーは、今後も、


「皆様が、お仕事において成果を出される」

ことの、お手伝いができるような場に、していきたいと考えております。



いわば


「発明塾に、ちょっと、参加してきます」


というような場に近づけていきたいと、考えております。



そうなると、参加いただいた方は、「発明塾」塾生、になっていただくことに・・・(笑
押し付けるつもりはございません。


皆様のご理解を得ながら、1つ1つ、進めていく予定です。





* 当ワークショップは、参加者の方のお声を伺う限り、非常に評価が高いように思えますので、また、開催したいと考えます。開催ご希望などございましたら、こちらよりお声かけください。


=======

✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
   (楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。