「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】全てのモノを「マッピング」 ~ 米ベンチャー「EVRYTHNG」 のスマートラベル

2017年4月3日月曜日

【発明塾】全てのモノを「マッピング」 ~ 米ベンチャー「EVRYTHNG」 のスマートラベル


・・・ e発明塾通信 vol.127201743日発行)

● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年425日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_671.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)

●(無料)7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html
新規事業・新製品のネタをお探しの方へ、ご転送、ご紹介をお願い申し上げます。

●(無料)メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html

・・・



「「「 全てのモノを「マッピング」 ~ 米ベンチャー「EVRYTHNG」 のスマートラベル 「「「

前回ご紹介した

Optim

とは、少し違った視点で

IoTのプラットフォーム」

を目指している、その名も

EVRYTHNG」(エブリシング)

の技術を、今回は取り上げます。


EVRYTHNG HP
https://evrythng.com/

コカ・コーラ、Diageo、など、IoTという文脈ではあまり目にしない企業が採用しているようです。どのような技術なのでしょうか。

(発明塾的には、「飲料/食品」大手が注目している、新たなデジタルマーケティングツール、と捉えています)


特に

「スマートラベル」

に注目し、一つ、特許を見てみましょう。

System, Method and a Tag for Mapping Tagged Objects to Context-Aware Applications US 20140181256 A1
https://www.google.com/patents/US20140181256


発明の名称「Context-Aware」が、目に留まります。
どのような意味なのでしょうか。

Fig.3Fig.4に、ヒントがあります。


QRコードなどを読み込ませて特定のサイトに誘導する際、場所、ユーザーなどを
指定して、

「パーソナライズされた」

コンテンツ(例えば動画)を提供する、という技術のようです。


「すでにある、”つながっているデバイス”を用い、まだつながっていないモノを、どのように、デジタル空間にマッピングするか」

が、

KSQKey Success Question)

のようです。

IoT化する際の


「トレードオフ(T/O)」(*)

にアプローチしている、なかなか巧妙な発明です。



もう一つ、

「コンテクスト」

には、他にどのようなものが考えられるか(Not A 思考)

あるいは

「パーソナライズされたコンテンツが、なぜ必要か」(そもそも思考)

を問いかけてみては、いかがでしょう。


「儲けの仕組み」

が、見えてきます。


* 「トレードオフ(T/O)」は、TechnoProducer株式会社 の登録商標です。





「「「  4月開催セミナーのご案内  「「「

425日に「ビジネス構想力セミナー」を開催いたします。


「ビジネスモデル付きのアイデア」

を創出する上で欠かせない、5つの視点を紹介し、

「特に重要であるが、あまり意識されていない」

2つの視点について、


「意図的に活用している企業」

の実例を交え、掘り下げます。

・とても刺激的だった
・ビジネスモデルを見直すことにより、どの程度「数字(売り上げ)」の上積みを期待できるか、が見えた

のようなご感想をいただいております。

・事業開発(新規事業開発、および、既存事業の見直し)
・技術企画(事業化を見据えた企画の立案)

などを担当されている方には、ぜひ、ご参加いただきたい内容です。


● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年425日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_671.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)




その他、弊社サービス/教材につきましては、以下情報もご参照ください。


===
 法人の方 ===
● 企業内「発明塾」開催にご興味をお持ちで、ご紹介/ご説明を希望される方は、
   その旨明記の上、お問い合わせくださいませ

・ 弊社HP上への「発明塾」サービス関連情報掲載を制限しており、
   お手数をおかけいたします


・ お気軽にお問い合わせください
・ 説明資料の送付、お電話でのご説明、訪問説明(プレゼンテーション)など、
  ご要望にあわせ対応いたします


● 企業内知財教育における
 e発明塾 のご活用にご興味をお持ちの方は、以下の
 知財部様向け資料「e発明塾 ガイドブック(抜粋版)」を、ご参照ください。
 
http://www.techno-producer.com/docs/ehatsuPL_123.pdf



===
 個人の方/法人の方 ===
 e発明塾紹介サイトを開設いたしました
 
https://peraichi.com/landing_pages/view/e-hatsumeijuku

 全講座、毎週火曜日開講です。
 ご希望の日程を選択し、お申し込みください。


===
 参考資料・過去記事など ===
● 特許情報を用いた技術マーケティング(2008年)
 
http://www.techno-producer.com/journal/TMJ0802.pdf

● 知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ(2011年)
 
http://www.techno-producer.com/docs/hatsumeikenkyujyo.pdf

● 発明塾式 ビジネスのための知財講座(2009年)
 
http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php

● (旧メルマガ)TechnoProducer ビジネスに「効く」知財
 
http://technoproducer.blog84.fc2.com/



===
 お問い合わせ先 ===
●「研究開発テーマ創出」「新規事業企画」「発明創出・育成」「エッジ情報調査」
  「技術マーケティング」「知財・発明教育」「アイデア公募」
  「アライアンス先候補抽出」「情報調査・情報分析教育」「特許網の突破支援」
  「投資先選定、候補企業・技術分野の抽出」など、

 弊社サービス、製品、活用事例について、詳細お問い合わせは、

 本メールご返信、または、TechnoProducer株式会社 お問い合わせ用メールアドレス まで↓↓
  宛先 : 
info@techno-producer.com

  弊社HPからのお問い合わせは、こちらをご利用ください↓↓
  
https://z113.secure.ne.jp/~z113014/contact/?_ga=2.33772449.1213603944.1503620094-1792553452.1464592368



===
 (無料)メール講座 ===
 7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

 8日間メール講座【発明塾】エジソンに学ぶ 発明と特許
https://edison-univ.blogspot.jp/p/8.html

 8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
https://edison-univ.blogspot.jp/2011/07/7_18.html

● メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html



・・・
▼周りの方へ、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!
 
http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

・・・
●発行元 「発明塾」の
 TechnoProducer 株式会社
 
http://www.techno-producer.com/