「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】ウエアラブル x スマートトイ=ヘルスケア を実現する「Moff」/ビジネス構想力

2017年4月10日月曜日

【発明塾】ウエアラブル x スマートトイ=ヘルスケア を実現する「Moff」/ビジネス構想力



・・・ e発明塾通信 vol.1282017410日発行)

● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年425日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_671.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)

●(無料)7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html
新規事業・新製品のネタをお探しの方へ、ご転送、ご紹介をお願い申し上げます。

●(無料)メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html

・・・



「「「 ウエアラブル X スマートトイ=ヘルスケア を実現する「Moff」 「「「

今回は、発明塾定番である「靴」の動向を追いかける中で見つかった “エッジ企業”

Moff

を紹介します。

Moff HP
http://jp.moff.mobi/

IoTで楽しく健康に」

とあります。

どのような事業を行っているのでしょうか。

以下のページが、わかりやすく、まとまっています。

Moff HP 「法人のお客様」より)
http://jp.moff.mobi/?page_id=3346

「行動変容」

を促す、とあります。

「センサー連動型のコンテンツ配信」

により、

「データ」

を解析しながら、一人一人に合った、次の段階の

「動作」「行動」「運動」

を促す、ということでしょうか。

それを

「ワンデバイス」

で実現するとのこと。


ビジネス構想力セミナーでご紹介している

「モート」

のいくつかは、すでに満たされているようです。


Moffを用いたプログラムを紹介する「モフトレ」のHP

http://www.moff-training.jp/

を見て、

「遠隔医療」

ならぬ

「遠隔リハビリ」
「遠隔リハビリの見守り」

というキーワードを思いつきました。


”この先” を

「仮説検索」

してみたくなります。


最後に、Moff に関連する特許出願を、1つご紹介しておきます。

Gesture detection system, gesture detection apparatus, and mobile communication terminal US 20150123897 A1
https://www.google.com/patents/US20150123897

「技術進化の流れ」
e発明塾「課題解決思考(2)」 ご参照下さい)

も、ぜひ、たどってみてください。

e発明塾「課題解決思考(2)

https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/seminar/view/27


最近、資金調達も行っており、今後の動向に注目したい

「エッジ企業」

です。




「「「  4月開催セミナーのご案内  「「「

425日に「ビジネス構想力セミナー」を開催いたします。


発明塾で、これまで数多くの

「エッジ情報」
「エッジ企業」

を分析し、紹介してまいりました。


それらの情報を分析する過程で、いくつかの企業は

「ある共通の視点」

をもって、技術やアイデアを

「ビジネス」

へ育てているようだと、感じました。現在は

「確信」

に近いものを、得ています。


「ビジネス構想力セミナー」では、上記

「共通の視点」

について、

「投資する側の視点」

で整理し、特に重要と考える

2つの視点」

を、実例を交え、紹介いたします。


ご紹介内容に関して、お客様より

・とても刺激的だった
・ビジネスモデルを見直すことにより、どの程度「数字(売り上げ)」の上積みを期待できるか、が見えた

のようなご感想をいただいております。

・事業開発(新規事業開発、および、既存事業の見直し)
・技術企画(事業化を見据えた企画の立案)

などを担当されている方には、ぜひ、ご参加いただきたい内容です。


● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年425日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_671.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)




その他、弊社サービス/教材につきましては、以下情報もご参照ください。


===
 法人の方 ===
● 企業内「発明塾」開催にご興味をお持ちで、ご紹介/ご説明を希望される方は、
   その旨明記の上、お問い合わせくださいませ

・ 弊社HP上への「発明塾」サービス関連情報掲載を制限しており、
   お手数をおかけいたします

・ お気軽にお問い合わせください
・ 説明資料の送付、お電話でのご説明、訪問説明(プレゼンテーション)など、
  ご要望にあわせ対応いたします


● 企業内知財教育における
 e発明塾 のご活用にご興味をお持ちの方は、以下の
 知財部様向け資料「e発明塾 ガイドブック(抜粋版)」を、ご参照ください。
 
http://www.techno-producer.com/docs/ehatsuPL_123.pdf



===
 個人の方/法人の方 ===
 e発明塾紹介サイトを開設いたしました
 
https://peraichi.com/landing_pages/view/e-hatsumeijuku

 全講座、毎週火曜日開講です。
 ご希望の日程を選択し、お申し込みください。


===
 参考資料・過去記事など ===
● 特許情報を用いた技術マーケティング(2008年)
 
http://www.techno-producer.com/journal/TMJ0802.pdf

● 知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ(2011年)
 
http://www.techno-producer.com/docs/hatsumeikenkyujyo.pdf

● 発明塾式 ビジネスのための知財講座(2009年)
 
http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php

● (旧メルマガ)TechnoProducer ビジネスに「効く」知財
 
http://technoproducer.blog84.fc2.com/



===
 お問い合わせ先 ===
●「研究開発テーマ創出」「新規事業企画」「発明創出・育成」「エッジ情報調査」
  「技術マーケティング」「知財・発明教育」「アイデア公募」
  「アライアンス先候補抽出」「情報調査・情報分析教育」「特許網の突破支援」
  「投資先選定、候補企業・技術分野の抽出」など、

 弊社サービス、製品、活用事例について、詳細お問い合わせは、

 本メールご返信、または、TechnoProducer株式会社 お問い合わせ用メールアドレス まで↓↓
  宛先 : 
info@techno-producer.com

  弊社HPからのお問い合わせは、こちらをご利用ください↓↓
  
https://z113.secure.ne.jp/~z113014/contact/?_ga=2.33772449.1213603944.1503620094-1792553452.1464592368



===
 (無料)メール講座 ===
 7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

 8日間メール講座【発明塾】エジソンに学ぶ 発明と特許
https://edison-univ.blogspot.jp/p/8.html

 8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
https://edison-univ.blogspot.jp/2011/07/7_18.html

● メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html



・・・
▼周りの方へ、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!
 
http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

・・・
●発行元 「発明塾」の
 TechnoProducer 株式会社
 
http://www.techno-producer.com/