「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】「神経除去」治療に見る「カテーテル」による医療の進化/エッジ情報探索ワークショップ(5月開催)

2017年4月24日月曜日

【発明塾】「神経除去」治療に見る「カテーテル」による医療の進化/エッジ情報探索ワークショップ(5月開催)


・・・ e発明塾通信 vol.1302017424日発行)

「発明塾」「発明塾式の討議」「エッジ情報探索」を、ご関心のあるテーマでご体験いただけます。

●発明塾式「エッジ情報探索」体験ワークショップ ~ 「発明塾式」を体験しながら成果を出す!(2017年517日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_679.html (弊社HP内)
https://edison-univ.blogspot.jp/p/2017517-2017517-technoproducer.html (発明塾HP内)

・・・



「「「 「神経除去」治療に見る「カテーテル」による医療の進化 「「「

今回は、発明塾での発明討議、例えば

「低侵襲医療」
「医療用ロボット」
「慢性疾患の治療、または、モニタリング」
「カテーテル」
「マイクロニードル」

をテーマとした討議において見つかった

「エッジ情報」
「エッジ特許」

を、ご紹介します。


例えば、以下の特許情報は、公報に記載された図も含め、種々情報がわかりやすいため、一例として挙げておきます。

Methods and apparatus for performing a non-continuous circumferential treatment of a body lumen US 20070129720 A1
https://www.google.com/patents/US20070129720


これは、"腎デナベーション"と呼ばれる、"高血圧の一種に対する治療法"に用いられる

「カテーテル」

についての特許出願です。


(腎デナベーション ~腎交感神経除神経術[renal sympathetic denervation(RDN)]について~ : 東京女子医科大学 HP より)
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/021/medical/rdn_medical.html


「高血圧治療にカテーテル?」

当初、そう感じました。

「自分なりの、エッジ」

のゾーンに、まず、入りました。


いろいろ調べていくと、心臓血管系の医療デバイスやカテーテルについて、業界上位を占める企業が、この分野の企業を、次々にM&Aしていることが、わかってきました。


さらに、

「デナベーション」

は、

COPD(慢性閉塞性肺疾患)」

でも、用いられることが、わかってきました。

Holaira HP より)
http://www.holaira.com/the-procedure/

当該分野は、発明塾では、以前より注目している分野です。


そういえば、発明塾で以前より注目している

「ロボット医療」

企業も、中国の製薬企業と合弁で

「カテーテルを用いた、肺疾患の診断と治療」

についての取り組みを、始めていました。


ここまでつながると

「発明塾的にも、エッジ」

だと、感じてきました。


さて、この先、どうなるのでしょうか?

・ 「神経」とカテーテル
・ 「神経のような」体内の複雑かつ微細な組織へのアプローチ
・ カテーテルと高周波、電気刺激、高温/低温、超音波を組み合わせた医療機器

など、いくつかの視点で

「仮説検索」

を行ってみては、いかがでしょうか?


上記のような、「仮説検索」を駆使した「エッジ情報探索」を体験されたい方は、517日開催のエッジ情報探索ワークショップ をご利用くださいませ。当日は、当方で準備したPCを用い、その場で実際にエッジ情報探索を行っていただきます。


●発明塾式「エッジ情報探索」体験ワークショップ ~ 「発明塾式」を体験しながら成果を出す!(2017年517日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_679.html (弊社HP内)
https://edison-univ.blogspot.jp/p/2017517-2017517-technoproducer.html (発明塾HP内)




【 「エッジ情報調査」を依頼したい、「エッジ情報調査」の依頼に興味がある、という方 】


本メールに取り上げたエッジ情報に関連する分野、特に、カテーテル、医療用ロボット、低侵襲医療、デナーベーション、ニューロモデュレーション、COPDを含む慢性呼吸器系疾患に関連する医療機器、につきまして、発明塾、および、発明塾投資部で、すでに多くのエッジ情報を蓄積しております。

関連分野におけるエッジ情報調査を希望される方、またはエッジ情報調査の委託に興味がある方は、本メールへ返信にて、「エッジ情報調査について詳細資料希望」と明記の上、お問い合わせください。


また、過去配信分「エッジ情報」に関連する分野について、エッジ情報調査の依頼に興味がある方は、ご興味お持ちいただいた過去配信エッジ情報、または、分野を明記の上、ぜひお問い合わせください。

例)Precision Farming、バイタルセンシング、医療ビッグデータについてのビジネスモデル、等






「「「 エッジ情報探索ワークショップ(5月開催)~「発明塾」を体験しよう 「「「

昨年度、一連のセミナーにおいて

「エッジ情報探索」

の実例、探索に必要なフレームワーク、および

「エッジ情報の活用法」

について、紹介させていただきました。


多くの参加者の方より

「エッジ情報」

という考え方が、普段の「アイデア創出」「発明提案」「企画提案」「アイデアの評価」「情報分析」業務を、

「より効率よく」

行うために非常に有効であるという感想を、いただきました。


本年は、皆様に、

「より効率よく、”エッジ情報”を見つけていただく」

ために必要なことも、積極的に紹介いたします。
(ビジネス構想力セミナーは、その、第一弾です)


517日の


「エッジ情報探索体験ワークショップ」

は、

「エッジ情報探索の訓練を積みたい」
「発明塾の手法を、気軽に体験してみたい」
「発明塾を、体験してみたい」

そのようなお声にお応えする場として、開催いたします。


詳しくは、以下URLリンク先を、ご参照ください。

●発明塾式「エッジ情報探索」体験ワークショップ ~ 「発明塾式」を体験しながら成果を出す!(2017年517日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_679.html (弊社HP内)
https://edison-univ.blogspot.jp/p/2017517-2017517-technoproducer.html (発明塾HP内)





【 過去開催分セミナーの配布資料印刷物販売につきまして 】


「ビジネス構想力」セミナー(425日開催分)につきまして、配布資料印刷物は、税込 29980円 にて、販売しております。


● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年425日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_671.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)



過去開催分につきまして、他セミナーの配布資料印刷物も、税込 29980円 にて販売をしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。





・・・
▼周りの方に、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!↓↓
 http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

●お問い合わせは、TechnoProducer株式会社 e発明塾事務局 まで
 宛先 : e-hatsumeijuku@techno-producer.com