「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】「Precision Cooking」~ハードウェアがサービスを変えていく

2017年2月13日月曜日

【発明塾】「Precision Cooking」~ハードウェアがサービスを変えていく


・・・ e発明塾通信 vol.1202017213日発行)
● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年31日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_644.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)
・・・


「「「 「Precision Cooking」~ハードウェアがサービスを変えていく 「「「

ある発明家の方との出会い以来、

「料理の科学」

も、発明塾で注目しつづけているトピックの一つです。


今回は、

Precision Cooking

を提唱する エッジ企業 を紹介します。

(Anova Culinary HP

https://anovaculinary.com/


以下のページが、わかりやすいかもしれません。

(Anova Culinary HP より)

https://anovaculinary.com/what-is-sous-vide/

シンプルなデバイスを用い、

「プロが作るステーキ」

を、家庭でも・・・ということのようです。


関連の特許出願に、以下がありました。

Sous-vide cooker with image translation functionality  US 20150342390 A1
https://www.google.com/patents/US20150342390


ユーザーの声も、参考になります。

(Anova Culinary HP より)

http://community.anovaculinary.com/t/new-to-precision-cooking-heres-what-you-need-to-know/956



no worries of ever overcooking!

とあります。Overcooking...、 たしかに、経験があります。



この先、どのような展開が予想されるでしょうか?

「広がれば広がるほど、ますます広がる」

ビジネスモデルになっているでしょうか?

このデバイスを

「突破」
e発明塾 課題解決思考(2) *参照下さい)

し、さらに、新たな

「サービス」

を開発すると、どうなるでしょうか?

 * e発明塾 課題解決思考(2)
   https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/seminar/view/27


レシピはもちろん、前回ご紹介したような

「スマートボトル」

との組み合わせなど、

「この先が楽しみ」

になりますね。


「仮説検索」

を行ってみては、いかがでしょうか。


皆様とお会いした際、是非、

「この先」

について、討議させていただきたいと感じた、

「エッジ情報」

でした。


発明塾の原理原則

「よい仲間と、よい議論」

を、是非、お願い致します。


3月のセミナーでは、ビジネスモデルを話題に取り上げます。


投資部での討議も紹介しつつ、進めます。



● 発明塾式「ビジネス構想力」セミナー ~ 事業の本質的価値を高める「モート(堀)」を築く(2017年31日開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_644.html (弊社HP内)
http://edison-univ.blogspot.jp/p/201731.html (発明塾HP内)



実際に「新規事業創出」に関わったことがない塾生に、「ビジネスを構想する」とはなにか、または、「どのように考え始めればよいか」について、できるだけ具体的なイメージを持ってもらうため、どのような事例とフレームワークを用いているか、わかりやすく紹介いたします。


・これから新規事業開発に携わる
・新製品や新規事業のテーマ提案を、検討している/求められている
・ビジネスモデルも考慮した、研究開発テーマの企画提案を必要とされている
・事業、製品、または、研究開発テーマの企画提案を支援する立場にある

方には、是非、お越しいただきたく存じます。




・・・
▼周りの方に、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!↓↓
 http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

●お問い合わせは、TechnoProducer株式会社 e発明塾事務局 まで
 宛先 : e-hatsumeijuku@techno-producer.com
 e発明塾HP : https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public
 TechnoProducer株式会社HP : 
http://www.techno-producer.com/