「発明塾™」へようこそ!: 【エッジ特許:乳化技術】「e発明塾通信」バックナンバーより(4)

2016年1月16日土曜日

【エッジ特許:乳化技術】「e発明塾通信」バックナンバーより(4)

✔ メール講義「e発明塾通信」のバックナンバーを見たい
✔ 特に注目の「エッジ特許」について、過去のものを知りたい

というご要望にお応えするものです

公開分は「バックナンバー」で、ご覧いただけます。

なお、メール講義「e発明塾通信」は毎週発行で、そこで取り上げたエッジ特許をすべて掲載すると膨大な数になりますので、「バックナンバー」では、そのごく一部の紹介にとどめさせて頂きます。
(過去配信分についてのお問い合わせは、ご容赦ください。定期的に「振り返り」にて、過去分も掲載します。)


「エッジ特許」について、もっと知りたい、という方は メール講義「e発明塾通信」(毎週発行、無料)にお申し込みください。

===========


今回は、少し地味ですが、食品や化粧品などに欠かせない「乳化技術」の「エッジ特許」です。




産学連携の事例としても、参考になるでしょう。

「関連出願」を、「かんたん特許検索」で検索した結果


本件、商標でも話題になっています。
これはまた、後日取りあげます。


よく「味わって」くださいね。

では。



=以下、メール講義より抜粋


■■■ 食品から化粧品まで幅広い用途、界面活性剤を使わない「三相乳化技術」をエッジ特許で ■■■


食品から化粧品まで様々なところで使われている「乳化」技術。
今回は、この乳化技術の「エッジ特許」を取りあげます。

(公開公報 : 「かんたん特許検索」のサイトへ移動します)
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2008007491/


「界面活性剤および高粘度シリコーンのように石鹸等と馴染みにくい油性成分を配合しない
紫外線防止化粧料」

とあります。どのような発明なのでしょうか?

いつもどおり「課題」と「解決」を、見ましょう。


解決している課題(トレードオフ)は、

「十分な耐水性を持ちながら、しかも洗い流しが容易な紫外線防止化粧料」

のようです。

要約に「製造法」という言葉も見られますので、製造技術に特徴があるのでしょうか。



「製造技術」を念頭に置いて 解決手段 を見ると、

「多糖類が化粧料中にランダム に細分化したナノ粒子を、ファンデルワールス力によって
油性成分の表面に付着させ・・・油性成分を三相乳化法により乳化する」

とあります。


「三相乳化法」とは何でしょうか?

(神奈川大学HPより)
http://www.kanagawa-u.ac.jp/pressrelease/details_12367.html

「従来の乳化方法に欠かせない界面活性剤の代わりに、柔らかい親水性ナノ粒子の
物理的作用力(ファンデルワールス引力)を利用した新しい乳化方法」

とあります。

「柔らかい親水性ナノ粒子」

が、多糖 ということでしょうか。


「これまで環境に優しいエマルション燃料や清涼飲料水、化粧品、スカルプケア商品、マーガリン、防バイ剤など、様々な分野において・・・」

既に、様々なところでお世話になっているのかもしれません。

「環境にやさしい」界面活性剤を使わない乳化技術、他にどのようなところで使えるでしょうか?
皆様の研究上の課題、製品の課題、製造プロセスの課題を解決してくれないでしょうか?