「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾セミナー】「エヌビディア」が考える「人工知能都市(AI-City)」/東京「制約思考セミナー」(6月23日)

2017年6月14日水曜日

【発明塾セミナー】「エヌビディア」が考える「人工知能都市(AI-City)」/東京「制約思考セミナー」(6月23日)

「「「 「エヌビディア」が考える「人工知能都市(AI-City)」 「「「

おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。


今回は、発明塾投資部で、1年ほど前から注目している企業

NVIDIA」(エヌビディア)

を取り上げます。


最近では

「難読企業」

として話題です(笑


(“謎のメーカー”はNVIDIAだけじゃない? いまさら聞けない「難読企業」の読み方 : ITMedia News より)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/26/news028.html


そういえば、以下論文で取り上げた

Qualcomm」(クアルコム)
ARM」(アーム)

も、私が話題にし始めた10年ほど前には

「それなんて読むの?」

というところから、話が始まったことを思い出しました。


(知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ)
http://www.techno-producer.com/docs/hatsumeikenkyujyo.pdf



 NVIDIA の直近の発表によれば、同社が目指しているのは

AI-City(人工知能都市?と訳せばよいのでしょうか?)

だそうです。


NVIDIA HP より)
https://www.nvidia.com/en-us/deep-learning-ai/industries/ai-cities/


これを見て、2年ほど前に

「ネットワークカメラ」

に関連する エッジ 企業をいくつか調べたことを思い出しました。


「全てのデータが、クラウドに蓄積され、それを AI が学習していく時代」

が来る、ということでしょう。


確かにそうなる予感がします。


ここまで来て、

「全てのものが、無線でつながる時代が来る」

という話が、随分前に

Qualcomm

の資料にあったことを思い出しました。


ちなみに

ARM

の方は

「あらゆるものに半導体が搭載される」

と仰っていました。


AIが当たり前の時代」



「何を作るのが(作らないのが)よいのか」
「何のデータが価値を持つのか」

考えながら、投資部の活動は進んでいます。


発明と同様、投資も

「先読みが全て」

だからです。


「投資先選定」
「先読み」

に必要なフレームワークの一つを紹介するのが、

「制約思考セミナー」

です。

623日(金)開催です。



● 発明塾式「制約思考」セミナー ~ エッジを「見抜く」技術、アイデアを「育てる」技術(623日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_698.html (弊社HP内)
https://edison-univ.blogspot.jp/p/831.html (発明塾HP内)





「「「 「発明塾式」セミナー開催予定 ~ 623日(東京) 「「「


● 発明塾式「制約思考」セミナー ~ エッジを「見抜く」技術、アイデアを「育てる」技術(623日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_698.html (弊社HP内)
https://edison-univ.blogspot.jp/p/831.html (発明塾HP内)


【こんな方は、ぜひ、ご参加をご検討下さい】

ぜひ、お越しいただきたい方は、例えば、以下のような方です。

・「いろいろ調べて、ありきたりの結論」で終わってしまう状態から脱却したい方
・集まった情報から、「他の人が気づいていない仮説」を、上手く導き出したい方
・効率的な情報収集を行いたい方
・「エッジ情報」探索において、適切な仮説が立てられないと感じている方
・「エッジ情報」探索時に、キーワード選びが難しいと感じておられる方
・情報は集まるけれど、結論が出ず、時間切れ担ってしまうことが多い方
・抽象論、マクロ的な「解説」で終わってしまい、「結論」「具体論」がないと言われたことがある方


【当日のプログラム】

事例紹介を中心に、適宜「考えていただくための”問い”」を投げかけながら、進行する予定です。
取り上げる事例は、以下の予定です(変更する可能性があります)

・農業IoT
・香り/においデバイス
・靴
・ヘルスケア/医療
・ウエアラブル
・精神疾患
・カテーテル
・医療用照明器具
など


(過去開催分についてのご報告~発明塾Blogより)
https://edison-univ.blogspot.jp/2016/12/20161215.html





---【転送、紹介、共有をお願いします!】---

7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術

https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html


・・・
▼周りの方に、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!↓↓
 http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

▼「熟達」を科学する「”発明塾”式」↓↓
 https://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_5012.html

▼知財教育/発明教育にも「e発明塾」をご活用下さい!↓↓
 https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public


・・・
●「研究開発テーマ創出」「新規事業企画」「発明創出・育成」「エッジ情報調査」
「技術マーケティング」「風土改革」「次世代経営者育成」「”右腕””左腕”人材の育成」
「知財・発明教育」など、弊社サービス、製品について、詳細お問い合わせは、
本メールご返信、または、TechnoProducer株式会社 まで
 宛先 : 
info@techno-producer.com