2017年3月31日金曜日

いよいよ「8年目」に入りました~第372回報告

第372回も、無事開催できました。

今回も、持ち込みにもとづいて、討議を進めました。
調査の過程で出てきた

「テラヘルツ波」

は、2016年の今頃も、投資部でトピックに挙がっていたような気がします。

「エッジ」(最先端)

を調査し、討議し続けていると、

「前も、どっかで見たよね」

という話が、よく出ます。

で、タイトルです。


● 「組織で創造的になる」を追求する

いつも、

「よい仲間と、よい議論」

でまとめていますが、

「互いの能力を引き出し合う」

よい仲間と、

「創造的になるための”共通言語”」

を用いて、どんどん議論して欲しいと考えます。

”共通言語”は、

e発明塾

で、かなりの部分を学ぶことが出来るようになっています。

ただし

「テキスト丸暗記」

では、通用しません。自問自答を含む

「Dialogue(対話)」

を通じ、学んで下さい。

それが、僕が学んできたやり方です。


(画像をクリックすると Amazon.co.jp のサイトへ移動します)
Amazonのプログラムを利用して画像を引用することにしました。
その時「ボツ」と思っても、きちんと「育つ」アイデアが
結構ありますね。


● 「創造性」は、すべてを省略する

創造的になろうとすれば、

「ある程度、効率は犠牲になる」

と思われる方が多いようです。

僕も、最初はそう思っていました。

「塾生と共に学んだ」

ことの一つに

「効率よく、創造的になる方法がある」

むしろ

「効率がよいから、どんどん創造的になれる」
(しかも、楽しい)

があります。企業内発明塾への参加者の方から、

「スピード感があって楽しい」
「心地よい”疲労感”がある」
「右脳と左脳がつながった」
「頭脳を”絞り切った”感覚が気持ちよい」
「スリリングだった」

のような感想を、よく、いただきます。

それが、

「発明塾式」

です。



=======

✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
   (楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)
✔ 運営元 TechnoProducer株式会社 へのお問い合わせは、こちらへお願いいたします。