「発明塾™」へようこそ!: 発明塾京都第125回開催報告

2013年4月4日木曜日

発明塾京都第125回開催報告

 第125回も無事終了しました。

今回も、各自のアイデアの仕上げに時間を使いました。発明を最適化した上で、権利化できるポイントがどこにあるのか、しっかり考えてもらいました。

このプロセスは、発明を捉え直す上で非常に重要です。発明の本質、というのは「自分の思い込み」ではなく、「技術の発展の歴史」の中で考える必要があります。そこで重要な概念が、特許用語で言うところの「進歩性」です。

先行技術(技術発展の歴史)と比較し、自分の発想の本質を把握し、そこを強化する。

発明の基本です。


 発明塾では、今後も「発明・発想法の基礎」をマスターしてもらうために、発明活動を継続していきます。

では、今年もよろしく。