2013年2月14日木曜日

発明塾京都第119回開催報告


 論文組の復帰も含め、久々に賑やかな発明塾でした。春休みにしっかりと成果を出せるように。

 さて、前回の講義で「なんのためのマインドマップか」という話をしました。

 今回は、新しいテーマで「情報分析、アイデア出し(Jレベル)、切り口抽出」までを行いました。

 個人的には、各自の「思考回路」が反映された有意義な(各自の明確な貢献がある)場であったと思います。それぞれが役割と強みを正しく認識して行われるアイデア出しは、美しいサッカーの試合を見ているようで、非常に気持ちがいいです(監督として 笑)

 次回までに、各自MMに落として事前共有し、よりよい切り口を抽出しておくこと。

 次回はそこから始めます。

 集まることの意味、時間、について、しっかりと考えて。

では。