「発明塾™」へようこそ!: 発明塾東京 第45回開催報告

2011年5月15日日曜日

発明塾東京 第45回開催報告

第45回も無事終了しました。

今回は、各自の考えてきたアイデアを元に、それをさらに発展させたり深めたりするべく討議を行いました。3名のアイデアで3時間。これぐらいは必要ですね。本当はもっと時間を割きたいところですが、終りのない作業なので、塾生同士の討議なども積極的に行って、時間を作って欲しいと思います。

さて、今回のポイントは、発明は「最初はできるだけ誰も考えていないようなコンセプトで考える」「その実現可能性を徹底的に調べる」「実現可能な形に上手く落とす」、こういうプロセスをたどるということでしょうか。

そして、できるだけシンプルな形に持っていく。

先行技術と比較して、本質を洗い出し、本質以外のところは既存技術を利用し、本質部分を強化するように最適な適用形態を考える。

これがポイントだとおもいます。

次回もよろしく。