「発明塾™」へようこそ!: 「キャリア」ではなく「死ぬまでに何をしたいか」で考えて欲しい ~ 発明塾第394回

2017年8月5日土曜日

「キャリア」ではなく「死ぬまでに何をしたいか」で考えて欲しい ~ 発明塾第394回

今回は、アイデアコンテストの説明と、既に最終段階に入っている発明提案書の仕上げ作業を行いました。

発明提案書は既に仕上げてもらっていますので、僕の方で、校正確認を行って、提出しておきます。

お疲れさんでした。

今回の発明の経緯を、是非振り返って、自分なりの方法を確立する一助にしてほしいと思います。


さて、今週はたまたま、外出続きだったため、その間に考えたことの一つを備忘録代わりに記載しておきます。



● 働く場所(企業や組織)、あるいは、何をするか、を決める基準について

以前も言ったかもしれませんが、僕は自発的に転職活動をしたことがない(今とは時代が違いますので)ため、転職相談的なことについて、あまり有意義なアドバイスができないと感じています。

一方で、この15年ほど、雇う側として、少なからぬ数の方々に接してきていることは事実です。

塾のOBOG、弊社のOB、友人や後輩などから「キャリア」について相談を受けるたびに、あれやこれや考えてきたことの一部を、ここに書き残しておこうと思います。


相談をもらう中で、少なからぬ方が、

「履歴書(経歴書)」

が格好良くなるような、横文字で言うと、

「キャリア(が)アップ(する)」

のようなイメージで転職などを考えておられることに、最近気づきました。


いろいろな基準があって構わないと思いますので、それでもまったく問題ないと考えますが、発明塾OBOGや、弊社のOBのような、僕の考えに日々触れる機会を持った方には、ぜひ、それ以上の視点で、仕事を選んでもらいたいなと思っています。

僕の知る限り、発明塾OBOGや、弊社のOBは、

「食いっぱぐれる」

ことはないと思います。仕事の決める基準には、家族や家庭の事情など、様々なものがありますが、こういったことは重々承知で、多くの方にアドバイスしていることを、1つだけ挙げておきます。



(画像をクリックすると Amazon.co.jp のサイトへ移動します)
Amazonのプログラムを利用して画像を引用することにしました。

「どのページを開けても」参考になる本です。
初めて読んだとき、僕がよく言うことが、
多数、そのまま書いてあるので驚きました。
同じような結論にたどり着く人は、以外に居るものですね。



● 「時代の荒波に耐える目標(ビジョン)」を掲げて欲しい

繰り返しですが、家族や家庭の事情など、いろいろなことを無視して、何か行動を起こせということではありませんので、誤解がないようにして欲しいと思います。


例えば僕は、発明塾と、今の会社(TechnoProducer)で

「世界を、もっと創造的にしたい」

という目標を、掲げつつあるところです。その一歩として、発明塾を(世界中の)より多くの人に届けられるよう、いろいろな仕組みを開発しはじめました。

様々な事情により、歩みは微々たるものですが、僕が死ぬまでには、なんとななるような気がしています(笑


欲張らない性格のせいか、死ぬまでに何か一つ成し遂げられれば十分と、僕は考えています。
(セネカと同じです)

その一つが、ようやく具体的な製品やサービスとして定まりつつあるのは、とてもありがたいことです。


そもそも、発明塾と弊社の方針を一致させるためだけに、約8年を費やしました。
(昨年後半から今年にかけて、ようやく、ほぼ一致しているといえる状態になりました)

何かをする時に、すでに組織があるというのは、良い面と悪い面があります。

10年が長いか短いか、感想は人によるでしょう。予定よりは長くかかったけれど、一つ一つの歩みを見ると、必要な時間だったような気がしています。


多くの方から、待ちきれないとして苦言をいただき、またお待たせしてしまったことを心苦しく思う一方、発明塾OBOGの活躍が日に日に目ざましくなるのを見て、無駄な時間ではなかったと、とても励まされています。

僕の例は、よい例ではないと思いますが、悪い例として参考にして欲しいと思います。


何かというと

「何事も、予想以上に時間がかかるものだと、思っておいたほうがよい」

ということです。

少なくとも、僕は、いつもそう思っています。


ですので

「時代が大きく動いても、古びない、大きいけれど具体的な目標」

を掲げて欲しいと思います。

また、どこかの企業に入るのであれば、そのような目標を掲げているところに、入ってほしいと思います。


時代が変われば、また自分も動けばよい、という意見もありますし、それが現実的だといわれればそれまでですので、あくまでも僕がそう考えていて、日々、それに従って行動している、ということでご理解ください。


発明塾現役生(および関係者の皆様)、発明塾OBOG、および、弊社OBについて、相談ごとはウェルカムですので、何かあれば、是非声をかけてください。

皆さんの近況報告を、楽しみにしています。


では、引き続きよろしくお願いいたします。



楠浦 拝




--------
✔ (無料)メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
   お申し込みは、こちら
✔ (無料)7日間メール講座【1日15分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
   お申し込みは、こちら
✔ (無料)8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
   お申し込みは、こちら
=======
✔ 「発明塾講義」配信希望の方は、こちらをご覧下さい。
(楠浦からのレターが、無料で週に1‐3回届く、とお考え下さい)
✔ 入塾・見学希望の方は、こちらを御覧ください。