「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】(続)「スマホで視力検査」が世界に与えるインパクト

2017年8月21日月曜日

【発明塾】(続)「スマホで視力検査」が世界に与えるインパクト


・・・ e発明塾通信 vol.4172017821日号)

●(無料)7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html
新規事業・新製品のネタをお探しの方へ、ご転送、ご紹介をお願い申し上げます。

●(無料)メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html

・・・




「「「 (続)「スマホで視力検査」が世界に与えるインパクト 「「「


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。
夏季休暇、皆様はいかがお過ごしになられましたでしょうか?

私は、昨年、および、一昨年の今頃のことを、あれこれ、振り返りつつ、仕事をしておりました。いくつか、気づきがありました。


ちょうど昨年の今頃、

「スマホで視力検査」

と題して、以下の企業の取り組みなどを紹介しました。

Eyenetra, Inc.
https://www.eyenetra.com/


もともとは、以下の「移動式(MobileMovable)」検眼サービス情報を起点に調査を行い、見つけたものでした。

BOP ビジネス先行事例 エシロール・インターナショナル~インド農村部にミニバスで巡回検眼サービス、その場で低価格眼鏡を提供」(独立行政法人 日本貿易振興機構 レポート)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000817/fr_essilor.pdf


その後も、この領域において次々と新しい取り組みが始まっていることが、発明塾でのエッジ情報調査でわかっています。

高校生が3Dプリントと機械学習を利用して祖父のための網膜診断システムを制作」(TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/2017/08/04/20170803high-schooler-makes-3d-printed-machine-learning-powered-eye-disease-diagnosis-system/


上記の記事には

「何千もの網膜画像で訓練された機械学習システムが、一般公開されている既存のサービスをいくつか使って診断をする。

とあり、以前からお話をしている

「どんどん安くなる技術」

を上手く使って作られたものであると、捉えられます。


発明塾でのエッジ情報調査では、そのほか、

「眼球の運動から、脳の機能を推定する取り組み」

が既に行われていることが分かっており、近い将来

「スマホで脳機能検査」

が一般的になるだろうと、予測しています。


未来が、大変楽しみです。


発明塾では、今後も

「未来の方向」

を知らせてくれるようなエッジ情報を、継続的に発信していきます。



楠浦 拝




【近況ご報告】
本年、いくつかの企業様において、e発明塾「発明提案書のための発明の把握法」を利用したアイデア、発明、研究テーマ、あるいは、知財創出のプロジェクト・研修を開催させていただきました。

一昨年来の改訂作業により、「進歩性」についての内容を大幅に増補致しました。

改訂前は、「進歩性のような難しいことを教える必要は無い」「研究者・発明者には不要な知識ではないか」のようなご意見をいただくこともありましたが、現在は、多くの受講者の方から

「これこそ、まさに知りたかった内容だった」
「発明をどのように捉え直すか、繰り返しの演習を通じ、よく理解できた」
「若手の研究者の方には、是非マスターして欲しい内容と感じた」

のような、大変ありがたい感想をいただけるところまで来ました。

引き続き、よろしくお願いいたします。


e発明塾「発明提案書のための発明の把握法」

https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/seminar/view/28





その他、弊社サービス/教材につきましては、以下情報もご参照ください。


===
 法人の方 ===
● 企業内「発明塾」開催にご興味をお持ちで、ご紹介/ご説明を希望される方は、
   その旨明記の上、お問い合わせくださいませ
・ 弊社HP上への「発明塾」サービス関連情報掲載を制限しており、
       お手数をおかけいたします
・ お気軽にお問い合わせください
・ 説明資料の送付、お電話でのご説明、訪問説明(プレゼンテーション)など、
  ご要望にあわせ対応いたします


● 企業内知財教育における
 e発明塾 のご活用にご興味をお持ちの方は、以下の
 知財部様向け資料「e発明塾 ガイドブック(抜粋版)」を、ご参照ください。
 
http://www.techno-producer.com/docs/ehatsuPL_123.pdf



===
 個人の方/法人の方 ===
 e発明塾紹介サイトを開設いたしました
 
https://peraichi.com/landing_pages/view/e-hatsumeijuku

 全講座、毎週火曜日開講です。
 ご希望の日程を選択し、お申し込みください。


===
 参考資料・過去記事など ===
● 特許情報を用いた技術マーケティング(2008年)
 
http://www.techno-producer.com/journal/TMJ0802.pdf

● 知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ(2011年)
 
http://www.techno-producer.com/docs/hatsumeikenkyujyo.pdf

● 発明塾式 ビジネスのための知財講座(2009年)
 
http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php

● (旧メルマガ)TechnoProducer ビジネスに「効く」知財
 
http://technoproducer.blog84.fc2.com/



===
 お問い合わせ先 ===
●「研究開発テーマ創出」「新規事業企画」「発明創出・育成」「エッジ情報調査」
  「技術マーケティング」「知財・発明教育」「アイデア公募」
  アライアンス先候補抽出」「情報調査・情報分析教育」「特許網の突破支援」
  「投資先選定、候補企業・技術分野の抽出」など、

 弊社サービス、製品、活用事例について、詳細お問い合わせは、

 本メールご返信、または、TechnoProducer株式会社 お問い合わせ用メールアドレス まで↓↓
  宛先 : 
info@techno-producer.com

  弊社HPからのお問い合わせは、こちらをご利用ください↓↓
  
https://z113.secure.ne.jp/~z113014/contact/?_ga=2.33772449.1213603944.1503620094-1792553452.1464592368



===
 (無料)メール講座 ===
 7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

 8日間メール講座【発明塾】エジソンに学ぶ 発明と特許
https://edison-univ.blogspot.jp/p/8.html

 8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
https://edison-univ.blogspot.jp/2011/07/7_18.html

● メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html



・・・
▼周りの方へ、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!
 
http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

・・・
●発行元 「発明塾」の
 TechnoProducer 株式会社
 
http://www.techno-producer.com/