2013年12月15日日曜日

発明塾京都第159回開催報告

第159回も無事終了しました。現在取り組んでいるテーマは、年内を目処に仕上げたいと思っています。議論が二周目に入って新しい切り口も出てきましたので、追い込みを楽しみにしています。

今回は、現在検証している新しい「発明理論」に基づいて、議論を進めました。実践を通じて、方法論を日々進化させる、これは僕自身のポリシーでもあります。塾生がそれを実践してくれていることは、非常に素晴らしいことで、有難いことです。

Astamuseの永井さんがインタビューで答えていたように、「知は実践とともに身につけていく」以外にありません。

今後も、発明塾は「実践を通じて知を創造する」場でありたい、と思っています。

参加したい人は、次のテーマに移るこの冬休みに、是非連絡ください!