「発明塾™」へようこそ!: 発明塾京都第88回開催報告

2012年6月14日木曜日

発明塾京都第88回開催報告

第88回も無事終了しました。今回は、2名の塾生のアイデア討議と、発明に関する本について、楠浦が整理した結果を話しました。


実は、お客様から教えていただいた本なので、まだ広く紹介はしていません。私自身、ゆっくりとこの本を味わってから、機会を改めてご紹介したいと思います。現在、何度か読み返しておりますが、発明に関する本の中では、ピカイチの本だと感じています。


発明討議の方は、先行技術の読み方と発明提案書のレビューを行いました。いずれも論理的思考のおさらい、という感じでしょうか。


先行技術の読み方に関しては、「権利情報を技術情報に変換する」という、丸島流を私自身が独自に解釈した方法論のトレーニングにもなっています。これができて初めて、「特許が読めている」事になると思います。このあたりも、後日、セミナーなどで徐々に公開していきたいと思います。


では、次回も宜しく。