「発明塾™」へようこそ!: 【発明塾】農家の相棒「ロボット台車」/知財教育相談会/エッジセミナー

2017年11月13日月曜日

【発明塾】農家の相棒「ロボット台車」/知財教育相談会/エッジセミナー


・・・ e発明塾通信 vol.45320171113日号)

●(無料)7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

新規事業・新製品のネタをお探しの方へ、ご転送、ご紹介をお願い申し上げます。

●(無料)知財教育相談会を開催いたします(11月@東京)
http://www.techno-producer.com/news/detail_747.html

● 発明塾式「”エッジ情報”探索と活用」セミナー~「チャンス創出」のための情報探索技術(121日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_754.html

・・・



「「「 農家の相棒「ロボット台車」 「「「


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。


今回は、2週間ほど前に発明塾のOBOGが見つけ、共有してくれた

「エッジ情報」

をご紹介します。

前回の、ジョン・ディアのM&A情報に引き続き、農業分野の情報で失礼いたします。
今回は、日本企業の取り組みです。


(【農業ワールド2017】もはや台車ではない!? 農家の相棒ロボット)
https://response.jp/article/2017/10/12/300996.html


上記で取りあげられているのは、中西金属工業の製品

「アグビー」

です。


(「NKCイノベーションプロジェクト」中西金属工業 HP より)
https://nkc-innovation.com/?page_id=80


これを選んでくれたOBOGは、おそらく、

「今できること」

で、ちょうどよいサイズの課題にアプローチしている点に

「なるほど」

を感じたのではないかな、と思っています。


例えば、これを起点に

「先読み」

を行うとすると、まず

「アグビー」

が、どのような課題を解決しようとした製品か、技術要素を一つ一つ
確認しながら、考えていくことになります。


詳細は、以下講座で紹介しています。

e発明塾「課題解決思考(2)

https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/seminar/view/27


「技術進化の流れ」

を見るために、少し遡って調べると、例えば、以下のようなものがありました。


Doog、積載重量120kgの汎用運搬ロボット「サウザー」を販売開始)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/726561.html


道具のような、相棒のような、そういう台車を模索しているようです。


「農家の相棒」

は、今後どのように進化していくのでしょうか。


例えば、アグビーとサウザーを比較し

「差分」

を見てみてはどうでしょうか。



楠浦 拝




「「「 エッジ情報セミナー開催いたします(121日@東京) 「「「

● 発明塾式「”エッジ情報”探索と活用」セミナー~「チャンス創出」のための情報探索技術(121日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_754.html


【こんな方は、ぜひ、ご参加をご検討下さい】

ぜひ、お越しいただきたい方は、例えば、以下のような方です。

・「特許情報」にもとづく、研究開発テーマ創出/新事業企画に興味がある方
・「エッジ情報」の考え方を知りたい方
・「エッジ情報」の具体例を、出来るだけ多く知りたい方
・「特許情報」だけからの分析に限界を感じている方
・「投資」情報を活用を検討されている方
・「M&A」「アライアンス先」候補企業の探索を行いたい方


【当日のプログラム】

事例紹介を中心に、適宜「考えていただくための”問い”」を投げかけながら、進行する予定です。
取り上げる事例は、以下の予定です(変更する可能性があります)

・段ボール/紙製品
・医療用カテーテル
・産業用IoT
・医療用ロボット
AI
・医療用照明器具
・エネルギー関連製品
など




「「「 (ご案内)知的財産教育を、ご担当/ご検討されている皆様へ 「「「

e発明塾通信をご利用いただき、誠にありがとうございます。


おかげさまで、弊社の発明・知的財産に関する教育サービス、ならびに、
エッジ特許等の情報提供サービスは、知的財産部門様を中心に196(*)の企業様にて、
ご利用いただけるまでになりました。
(*20174月末時点)


この度、各企業様の「知的財産教育ご担当者様」「人材育成ご担当者様」を対象に、
弊社の知財・発明教育用eラーニング(イーラーニング)教材であります「e発明塾」を
実際に閲覧/ご体験いただける、

e発明塾体験会/知財教育相談会」(無料)

を開催いたしますので、案内させていただきます。


●(無料)知財教育相談会を開催いたします(11月@東京)
http://www.techno-producer.com/news/detail_747.html



・ 知的財産教育ご担当者様
・ 人材育成ご担当者様
・ 知財教育、特許情報活用、人材育成にご関心をお持ちの経営者の方(*)

のご参加を、お待ちしております。


* 現在、知財教育・特許情報活用などについて特に担当を設けていないが、
  今後、担当を決め推進していきたいとして、経営者の方より、
  お問いあわせをいただくことがあります。
  (訪問ご説明等の対応も可能です、本メール返信にて、お気軽にお問い合わせください)




その他、弊社サービス/教材につきましては、以下情報もご参照ください。


=== 法人の方 ===

● 企業内「発明塾」開催にご興味をお持ちで、ご紹介/ご説明を希望される方は、
   その旨明記の上、
お問い合わせくださいませ

 ・ 弊社HP上への「発明塾」サービス関連情報掲載を制限しており、 

           お手数をおかけいたします
 ・ お気軽にお問い合わせください
 ・ 説明資料の送付、お電話でのご説明、訪問説明(プレゼンテーション)など、
   ご要望にあわせ対応いたします


● 企業内知財教育における e発明塾 のご活用にご興味をお持ちの方は、以下の
 知財部様向け資料「e発明塾 ガイドブック(抜粋版)」を、ご参照ください。
 http://www.techno-producer.com/docs/ehatsuPL_123.pdf



=== 個人の方/法人の方 ===

e発明塾紹介サイトを開設いたしました
 https://peraichi.com/landing_pages/view/e-hatsumeijuku



=== 参考資料・過去記事など ===

● 特許情報を用いた技術マーケティング(2008年)
 http://www.techno-producer.com/journal/TMJ0802.pdf

● 知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ(2011年)
 http://www.techno-producer.com/docs/hatsumeikenkyujyo.pdf

● 発明塾式 ビジネスのための知財講座(2009年)
 http://www.johokiko.co.jp/column/column_takahisa_kusuura.php

● (旧メルマガ)TechnoProducer ビジネスに「効く」知財
 http://technoproducer.blog84.fc2.com/



=== お問い合わせ先 ===

●「研究開発テーマ創出」「新規事業企画」「発明創出・育成」「エッジ情報調査」
  「技術マーケティング」「知財・発明教育」「アイデア公募」

  「アライアンス先候補抽出」「情報調査・情報分析教育」「特許網の突破支援」
  「投資先選定、候補企業・技術分野の抽出」など、

 弊社サービス、製品、活用事例について、詳細お問い合わせは、

 本メールご返信、または、TechnoProducer株式会社 お問い合わせ用メールアドレス まで↓↓
  宛先 : info@techno-producer.com

  弊社HPからのお問い合わせは、こちらをご利用ください↓↓
  https://z113.secure.ne.jp/~z113014/contact/?_ga=2.33772449.1213603944.1503620094-1792553452.1464592368



=== (無料)メール講座 ===

7日間メール講座【115分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

8日間メール講座【発明塾】エジソンに学ぶ 発明と特許
https://edison-univ.blogspot.jp/p/8.html

8日間メール講座【参考書籍紹介】基礎から学ぶ投資とビジネス
https://edison-univ.blogspot.jp/2011/07/7_18.html

● メール配信【「発明塾式」仕事術 】「成功」「成果」「成長」のための覚え書き
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/06/blog-post_7.html



・・・
▼周りの方へ、「e発明塾通信」ご紹介をお願いします!
 http://edison-univ.blogspot.jp/p/blog-page_1.html

・・・
●発行元 「発明塾」の TechnoProducer 株式会社
 
http://www.techno-producer.com/