「発明塾™」へようこそ!: 発明塾京都第81回開催報告

2012年4月19日木曜日

発明塾京都第81回開催報告

第81回は、冒頭の講義は「発明の本質把握」。予定を大幅にオーバーしましたが、これが出来ないと着想を得ても先に進まないので、時間をかけました。


各自、本日の内容を自分で再度マニュアル化するように。


アイデア討議の方は、2件の持ち込みについて討議しました。1件は「Just Ideaから上位概念化」がポイントで、もう1件は「そもそも科学できているのか」ということになりました。


発明というのは「気付きを科学する」ことだと思います。それが「洞察」「考察」です。小学生と大学生の違いです(デキる小学生には失礼ですが)。


着想を「科学」して検証、概念化することは、「科学」の本質です。大学生として恥ずかしくないように、日頃からしっかりと勉強し、それを使えるようにしておくこと。「お勉強」で終わらないように。